金融と財務

金融という言葉を聞くと、その意味もハッキリ知らずに何となく金融庁をいう国の機関名を連想してしまいます。
2001年でしたが、当時の大蔵省が財務省と名称が替わった時、それまでの業務の一部を金融庁が引き継いでいるということを知りました。


国のことには詳しくはありませんが、その時、金融と財政は違うんだ、でも何がどう違うんだろうと漠然と疑問に思ったことを憶えています。
金融というのは多少分かるようになりました。


金融とは「金銭の融通」の略語であり、その名の通り、お金を貸し借りする行為の事を言い、それで銀行が金融機関と呼ばれている、ということです。
この程度の知識ですが、それでは金融庁とはどのような仕事をしているのかと言うと、
金融庁設置法3条:日本の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務とする。だそうです。
銀行などの金融機関を監督し、金融制度の調査・企画・立案をし、利用者の保護をする、と言ったところでしょうか。



大蔵省
それでは、それまでの大蔵省ってどんなことしていたのでしょう。
これもテレビや新聞などの斜め読みイメージですが、国の予算を作っている、程度です。すみません。


それに加えて、今金融庁を行っている業務もしていた、ということでしょうか。他にもいろいろやっていそうです。
調べてみました。


大蔵省は、やはり国家予算の作成や税金などの政策といった財政政策と、金融行政も担っており、その権限は強力であったと言われています。


それが、2001年の中央省庁再編により大蔵省は財務省に改称され、従来の業務は財務省と金融庁に引き継がれています。


金融庁が別に出来たことにより、それまで大蔵省の銀行局や証券局にあった民間金融機関への監査監督権限を失い、更に金融企画局も廃止されています。


中央省庁再編は強力な権限を持ちすぎた大蔵省の力を削ぎ、政治の主導権を官から政へ移すことが目的でした。
つまり、それまでの大蔵省の業務は今の財務省と金融庁に分かれた通り、大きくはその2つに分けられるようです。


財務
話が大きくてよく分からなくなってきましたが、要するに金融と財務の話です。
私の場合、金融と聞くとこの大蔵省から別れた財務省と金融庁をイメージしてしまうので、つい話が長くなってしまいました。


ついでに財務省の話を続けますが、その業務は国の予算・決算・会計、通貨、租税、日本国債、財政投融資、外国為替、国有財産、酒類・たばこ・塩事業等に関する、となるようです。


ここまで来て、金融と財政とも何となくイメージ出来るようになってきました。
金融はお金の貸し借りに関する事、財務は例えば自分の財政状態の管理であり、簡単に言うと家計簿を見ながらどうしよう、と考えるようなもの、ということになるようです。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1.1